食事会の次の日 コラーゲンの効果がすぐに出て、驚きました

後輩との食事会は、思いがけない出来事がありましたが、
職場の人と食事をするのがほとんどないので、
新鮮で、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

次の日、出勤するために、化粧をしていると、
薬膳料理を食べて、コラーゲンを摂取したおかげか、
肌がぷるぷるとしていて、ハリがありました。
毎日肌のケアをしていますが、毎日のケアに加えて、
コラーゲンを摂取したことで、肌により効果が出たのかと
思います。
相変わらず、プロジェクトが忙しく、食生活が乱れがちなため、
吹き出物は治らずにいますが、
肌にハリが出てきたことは嬉しく思いました。

いつも通り、出社して、隣の席の後輩に、
「昨日は、ありがとう。とても楽しかったし、
おいしい食事を一緒に食べれて、良かった。
ちょっと驚いたこともあったけど、
また、時間の都合があったら、ヨロシクね。」
と、こっそり伝えました。
彼女は、これに対し、
「こちらこそ、昨日はありがとうございました。
ごちそう様でした。
今度は、私が美奈さんにごちそうします。
あ、彼のことは、皆さんには内緒でお願いします。
彼、あんな性格なんで、皆さんにバレてしまうと、
たぶん、会社に来るのが嫌になってしまうかもしれないので。
私の前では、今より明るくしっかりしているんですけど、
職場ではあまり打ち解けないみたいで。
また、何かあったら、ご相談させてください。」
と、言ってきました。
彼女の方を向いていた私が、前の方を向くと、
例の彼と目が合いました。
すると、恥ずかしそうにすぐ下を向いてしまったので、
思わず、くすっと笑ってしまいました。

「あ、美奈さん。
昨日、料理を食べたおかげか、
朝起きたら、肌がプルプルだったんですよ!
美奈さんは、どうですか?」
と聞いてきたので、
「そう。私も今朝、メイクしてた時に、
いつもより、肌にハリが出ている!って
びっくりしたの。こんなにすぐに効果が出るって
びっくりだよね!」
と、今まで職場でしたことのない、女子トークを
していると、
上司がすれ違いざまに、声を掛けてきました。
怒られるかと思い、緊張していると、
「君もそんな話をするんだね!
いつも、仕事に対してとても熱心なことは
良いことだと思うけど、そうして私語を話している
姿を見たことがなかったから、びっくりしたよ。
昔より柔らかくなったんじゃないか?
ま、あんまり話してばかりいるのも良くないけど、
たまには、そのように会話をすることで、
息抜きをしてみるのも良いことだよ!
これからも頑張っていってほしい。プロジェクトの方もね。」
と言われました。
怒られると思っていたのに、思わぬ言葉を言われて、
何だか嬉しくなりました。
すると、このやり取りを聞いていたのか否かわかりませんが、
周りの女性社員の1人が、
「今日、美奈さん、肌がいつもよりプルプルしてませんか?
いや、今までも、おキレイだったんですけど、
何だか今日は、いつもより肌がプルプルしているように、
見えます。プルプルになる化粧品があったら、
教えてください!」
と言ってきたのです。
彼女は、前にも私の肌のことに気付いたことがあるので、
“よく見ているわね”と思いながらも、変化に気付いてくれた
ことが嬉しかったです。
「化粧品は、特に変えてないわよ?
肌がプルプルになっているのは、昨日コラーゲンが摂れる
料理をたくさん食べた効果だと思う。
今度、そこのお店紹介してあげるね。
おいしくて、料金もリーズナブルだから、オススメだから。ね?」
と、隣の後輩を見ながら言うと、
「最近、お2人仲が良いですよね。」
と言われたので、
2人で笑いながら、誤魔化しました。

その後、仕事を再開し、慌しい一日を過ごしました。

 

 

Comments are closed.