また会社の前で彼に待ち伏せをされ・・・。

彼からメールが来た日は、悩んでしまい、よく寝れませんでした。
返事を返さないと、また会社で何か言われてしまうと思い、翌朝、「少し時間をください。」と一言だけメールに書き、返事をしました。
そのままいつも通り、朝のスキンケアをして、出勤の準備をして家を出ました。

出勤しながら、ふと前の出来事を思い出しました。
あの日も、連絡をしなかったら、会社の前に彼が待っていて、他の人がいる前で、いろいろと言われてしまったので、
“今日も、もしかしたら、待ち伏せされているかもしれない。あの「少し時間をください。」の一言メールだけでは、納得せず、文句を言いに、会社の前で私が来るのを待っているかもしれない。”

そう思うと、急に足取りが重くなり、出勤したくなくなってしまいました。

けれど、ここで負けてしまえば、また前の繰り返しになってしまうと思い、もし待ち伏せされていたら、言い返す勢いで勇気をもって出勤しました。

案の定、彼は会社の前に待っていました。
立っている彼を見つけた時、来た道を戻ろうとしてしまいましたが、気合いを入れなおして、何食わぬ顔で彼のいる方向へ歩いて行きました。
前の出来事を覚えていただろう何人かの人が、私達2人を見て”ざわざわ”していました。
けれど、そんなことを気にせず、彼に普通に「おはようございます。」と挨拶をし、彼の前を通り過ぎようとしました。
すると彼は、「美奈さん、おはよう。あの・・・、昨日は連絡ありがとう。メールくれてうれしかった。ちょっと前に、メールくれたのに、返せなくてごめん。いろいろ考えちゃってて・・・。 君の気持ちはよくわかったよ。 これからについて、きちんと話をしたいから・・・、 いつでもいいから、僕に時間をください。 ずっと待ってます。・・・じゃあ。」

と、それだけ言うと、彼は自分の職場に向かいました。
私は、てっきり、またいろいろ言われてしまうと思っていたので、唖然としてしまい、その場で立ち尽くしてしまいました。

周りで私たちの会話を聞いていた他の社員も何事も無かったかのように、ちりぢりになっていきました。

私は悲しいのか、嬉しいのか、よくわからない気持ちのまま、仕事場へと向かいました。

 

Comments are closed.