やっと来た2回目のデート

2回目のデート、しかもディナーデートのお誘いがあってから、2日。
とうとうディナーデートの日が来ました。
お誘いがあってから、今日までスキンケアをバッチリとして、
体調も整え、準備万端でこの日を迎えました。
仕事が終わったら、近くのフレンチレストランでデートをすることが
決まっていたので、一生懸命仕事を頑張りました。
早く仕事を終わらせようといつもよりピリピリしてしまっていたかも
しれません。若干、周りからもそんな空気を感じました。
しかし、今はそんなことを考えてられないと思い、終業時刻の定時まで
にきちんと仕事を終わらせることが出来ました。

彼から連絡があり、
「ちょっと遅くなりそうだから、レストランの入っているホテルのロビーで
待っててください。」
とのメールでした。
私は、仕事で乱れてしまったメイクを一度落とし、またきちんとメイクを
し直しました。デートに着ていく服は、出勤時に着ていると
周りの子から何か言われそうだったので、出勤時はいつも通りの
服を着て、着ていく服を別に持っていきました。ホテルの化粧室で
メイクを直した後、服も着替えて、元々着ていた服はホテルのロッカーに
預けました。前回と同じ様にきちんと香水もつけました。
これで準備OKとなったころ、彼がホテルにやってきました。

デートをするレストランはホテルの上層階にあり、とても眺めが良く、
夜景がキレイに見えました。
メニューは彼のオススメにしてもらい、出てきた料理はどれもおいしい
ものでした。食事をしながら、お互いの今までのことを話しました。
前回のランチデートの時は、あまり女性らしさが出せなかった気がしたので、
今回は自分が思っていることをきちんと伝えることにしました。
“忙しいのは理解しているけど、前回のデートから今日まで会えなくて
寂しかったこと。けれど、毎日メールをくれたことが、嬉しかったこと。
そして、2人の男性社員からお食事のお誘いを受けたこと。”
を全て話しました。
すると、今まできちんと話を聞いてくれていた彼の態度が急に変わりました。
「誘われたって・・・。それで、食事に行ったの?」
と聞かれました。私は、まだ返事をしていないことを伝えると、
「迷ってたってこと?僕がいるのに他の男性と食事に行こうと思ったの?」
と、少し怒りながら言ってきました。
「行くつもりはなかったけれど、少し寂しかったから、
食事くらいはいいのかな。って少し思ってたけど、私が間違ってました。
ごめんなさい。」と謝りました。
すると、彼は
「僕のほうこそごめんなさい。仕事が忙しかったのは事実だけど、5分でも
10分でも時間を作って、毎日会うようにすれば良かったんだよね。
でも本当に食事に行かなくて良かった。もし今度誘われたらきちんと
断ってほしい。」と言ってくれたので、「はい。」と答えました。
それからお互い思っていたこと、不安だったことをきちんと話し合いました。
デートで話し合いっておかしいかもしれないけれど、
話し合ったことでお互いのことがよくわかり、距離が縮まった気がします。

この日は、食事をして終わりました。
もっと楽しく過ごせるディナーデートだと思っていたら、私の一言で
ちょっと重い感じになってしまい、彼に申し訳なかったと思うけれど、
よりお互いのことを考え、彼のことを好きという気持ちが増えたので
良かったと思います。
今度からは、出来るだけ毎日会うようにすると言ってくれたので、
明日からもきちんと女を磨き、彼に似合う女性になるように
努力したいと思います。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.