デートを待っていたら、男性社員に誘われてしまった

デートをしなくなって2週間。今度デートできる日の為に、毎日スキンケアや
化粧を努力している日々を過ごしています。

日々の努力のせいか、何となく肌がキレイになってきた気がします。肌に
ハリも出てきました。これでやっと歳相応か実年齢より少しは若く見えるかな。
なのに、彼とは会えず、寂しい反面、ちょっとイライラしている自分がいます。
仕事を頑張って、スキンケアやメイクなどに力を入れ女性として努力しているのに、
誰も褒めてくれる人がいないのです。
一言、彼に「美奈さん、キレイになったね。」って言ってもらえれば、
どんなことでも頑張れるのに。

そんな憂鬱な日々を過ごしていたら、あることに気付きました。
前より周りの社員が私を見る目や接し方が違っているのです。

以前は、女性だからと言ってバカにされないように、
いつも強気で、ミスする社員には常に怒っている自分がいました。
汗で化粧が乱れても、お構いなしに仕事を続け、
常に会社や仕事のことを考えて、ピリピリとしていました。
けれど、今は、彼がどこかで見ているかもしれない!
頑張っていれば、もしかしたら神様が彼とデートできるチャンスを
作ってくれるかもしれない!と思うようになりました。
少しでも化粧が乱れたら、トイレに行き、すぐ化粧を直し、
少しでも笑顔でいることを心がけたり、後輩が仕事をミスしても、
すぐに怒らず、優しく注意するようにしました。
こうするだけで、今まで肩に乗っていた重圧や不安が少し
ラクになった気がしました。

そうしたら、周りの女性社員は私によく話しかけてくれるようになったのです。
今まで私が気を張って“近づかないでオーラ”を発していたのかもしれませんが、
今はそれが弱まり、私自身の性格が柔らかくなったことや、
化粧や身なりを気をつけるようになったからかもしれません。
相変わらず、彼のことを知っている後輩女性社員2人からは、
彼のことを聞かれてちょっと迷惑なんですけどね。
そして、男性社員が私のことをよく見るようになった気がします。
何となく見られている感じがするのです。
スキンケアをきちんとして、化粧をしっかりとするようになったから、
前より見違えて驚いているのかなと思いましたが・・・。

今日、男性社員に、しかも2人からディナーに誘われたのです。
今まで何とも思っていなかった人からのお誘いだったので、
変にドキドキしてしまいました。
返事は保留にしているんだけど、別にお食事だけだから
行ってもいいのか・・・、でも私には彼がいるし・・・、
けど会えないし・・・、
久しぶりに恋愛関係で悩み、眠れない夜になりそうです。

やっと来た2回目のデート

2回目のデート、しかもディナーデートのお誘いがあってから、2日。
とうとうディナーデートの日が来ました。
お誘いがあってから、今日までスキンケアをバッチリとして、
体調も整え、準備万端でこの日を迎えました。
仕事が終わったら、近くのフレンチレストランでデートをすることが
決まっていたので、一生懸命仕事を頑張りました。
早く仕事を終わらせようといつもよりピリピリしてしまっていたかも
しれません。若干、周りからもそんな空気を感じました。
しかし、今はそんなことを考えてられないと思い、終業時刻の定時まで
にきちんと仕事を終わらせることが出来ました。

彼から連絡があり、
「ちょっと遅くなりそうだから、レストランの入っているホテルのロビーで
待っててください。」
とのメールでした。
私は、仕事で乱れてしまったメイクを一度落とし、またきちんとメイクを
し直しました。デートに着ていく服は、出勤時に着ていると
周りの子から何か言われそうだったので、出勤時はいつも通りの
服を着て、着ていく服を別に持っていきました。ホテルの化粧室で
メイクを直した後、服も着替えて、元々着ていた服はホテルのロッカーに
預けました。前回と同じ様にきちんと香水もつけました。
これで準備OKとなったころ、彼がホテルにやってきました。

デートをするレストランはホテルの上層階にあり、とても眺めが良く、
夜景がキレイに見えました。
メニューは彼のオススメにしてもらい、出てきた料理はどれもおいしい
ものでした。食事をしながら、お互いの今までのことを話しました。
前回のランチデートの時は、あまり女性らしさが出せなかった気がしたので、
今回は自分が思っていることをきちんと伝えることにしました。
“忙しいのは理解しているけど、前回のデートから今日まで会えなくて
寂しかったこと。けれど、毎日メールをくれたことが、嬉しかったこと。
そして、2人の男性社員からお食事のお誘いを受けたこと。”
を全て話しました。
すると、今まできちんと話を聞いてくれていた彼の態度が急に変わりました。
「誘われたって・・・。それで、食事に行ったの?」
と聞かれました。私は、まだ返事をしていないことを伝えると、
「迷ってたってこと?僕がいるのに他の男性と食事に行こうと思ったの?」
と、少し怒りながら言ってきました。
「行くつもりはなかったけれど、少し寂しかったから、
食事くらいはいいのかな。って少し思ってたけど、私が間違ってました。
ごめんなさい。」と謝りました。
すると、彼は
「僕のほうこそごめんなさい。仕事が忙しかったのは事実だけど、5分でも
10分でも時間を作って、毎日会うようにすれば良かったんだよね。
でも本当に食事に行かなくて良かった。もし今度誘われたらきちんと
断ってほしい。」と言ってくれたので、「はい。」と答えました。
それからお互い思っていたこと、不安だったことをきちんと話し合いました。
デートで話し合いっておかしいかもしれないけれど、
話し合ったことでお互いのことがよくわかり、距離が縮まった気がします。

この日は、食事をして終わりました。
もっと楽しく過ごせるディナーデートだと思っていたら、私の一言で
ちょっと重い感じになってしまい、彼に申し訳なかったと思うけれど、
よりお互いのことを考え、彼のことを好きという気持ちが増えたので
良かったと思います。
今度からは、出来るだけ毎日会うようにすると言ってくれたので、
明日からもきちんと女を磨き、彼に似合う女性になるように
努力したいと思います。

いろんなことが起こった1ヶ月 なんと次のデートのお誘いが・・・

この一ヶ月で、私には思いもよらない出来事が起こりました。
まず、職場で彼に食事に誘われて、ランチデートをしたこと・・・。
これを機会に、より頑張ったスキンケアや化粧のおかげで、
女性社員から声をかけられるようになり、会話する機会が増えたこと・・・。
そして、彼と今度デートが出来るまでに女磨きをした結果、
男性社員2人から、食事のお誘いを受けたこと・・・。
まだ、お誘いに対する返事はしてませんが。

ほんの一ヶ月前の私では、ありえなかった出来事でした。
今でもそうですが、仕事を第一に考え、自分のことは完全に後回しにしていて、
たぶん女性として見られていなかったと思います。
けれど、ふと気付いたときに、メイクをきちんとせず、肌が荒れていて、
女性らしさが欠けていたのです。
それから、自分なりに努力をしていったら、彼にランチに誘われました。
今まで誰とも付き合ってなかったわけではないけれど、こうして他の人が
いる前で誘われたことがなかったので、ビックリしました。
けれど、彼と過ごしたランチタイムはとても素敵な時間でした。

そのランチデートから約一ヶ月。お互い忙しかったですが、特に彼の方の
仕事が忙しく、全く会えない状況でした。寂しいと思ったことが、何度も
ありましたが、仕事なので仕方がないと思い、また会える日の為に、
自分磨きをきちんと頑張っていたところ・・・。
今日、久しぶりに彼からデートのお誘いがあり、何と今回はディナーの
お誘いでした。
前回のランチデートは、仕事の合間のデートだったので、頭の片隅に
仕事のことを考えながらのデートでした。
けれど、今回はディナーなので、完全に仕事モードではなくオフの状態
で会うことになるので、緊張しています。
2人の都合が合う、明後日の夜に決まったので、
また、ここぞ!という時に使う1本1万円もする化粧品セットを使って
バッチリ肌の状態を整えたいと思います。
その日までは、浮かれそうですが、
切り替えて仕事に集中したいと思います。

 

今度、デートが出来るまで

ランチデートから約一週間が経ちました。お互い仕事で忙しいこともあり、
会社で会話はおろか、会うことすら出来ない状態です。
見かけることがあっても、いつも忙しそうにしているので、見守っている
だけです。今、彼は大変なプロジェクトを任されているので仕方のないこと
だと思っています。
彼も私も仕事を生きがいとして頑張ってきました。お互い会社の為に、
一生懸命、貢献してきました。
そのおかげか会社の売り上げが伸び、上司から先日、お褒めの言葉を
いただきました。
そんな時こそ、彼と会って、ゆっくり話をしたいのに・・・。

それでもかかさず、一日の終わりに彼は毎日メールをくれるのです。
「今日もお疲れ様。最近、本当に忙しいよね。美奈も大変だと思うけど、
僕もバタバタしてる。今度、時間が出来たらまた食事に行きたいね。
じゃあ、おやすみ。」

と、いつも何か言葉をつけて送ってくれるんです。
話すことが出来なくて寂しくて、私のほうから電話を掛けようと思ったことが
何度があるんです。
けれど、声を聞いちゃうと、きっと会いたくなっちゃうから、今度会える日まで
グッと我慢しています。

今度会える日まで、どんなに忙しくて疲れていても、家に帰ると必ずお風呂に入り
メイクをきちんと落とします。そして、きちんと化粧水など肌のお手入れをしてから
寝るようにしています。今までは、疲れているとそのまま寝てしまうことが
多かったのですが、今度彼に会える時に、今よりキレイな私でいたいと思うので
頑張っています。
今よりキレイな私になって、「美奈、キレイになったね。」と褒めてもらい、もっと
好きになってくれるように、女性磨きを頑張ります。

ランチデートから帰ると

昨日は彼に誘われランチに行き、ウキウキした状態でオフィスに戻りました。
後輩の女性社員に何か聞かれてしまうのかなと不安だったけれど、
もし聞かれたらちょっと自慢してしまおうと思いました。
聞いてくると思ったのは、私が今まで誰と付き合っているとか
そもそも恋愛していることすら会社の人は誰も知らなかったからです。
今まで何人かと付き合ったことがありましたが、仕事とプライベートを
スパッと切り分けていたので、仕事では一切そういう雰囲気を出して
いませんでした。
なので、昨日、職場で彼にランチに誘われたのを見て、とても驚いた
と思います。
思ったとおり、外から戻り、自分の席に座ると2人の後輩女性が
近づいてきました。

「美奈さんのお仕事する姿しか今まで見てなかったので、ちょっとびっくりしました。
どうやって誘われたのですか?何かテクニックがあるなら教えてください。
あんな素敵な方なら、私もランチしてみたいです。」
と言ってきました。

私のことを仕事人間しか思っていなかった後輩女性たちがびっくりしていたのを
見て、少し優越感がありました。
彼に誘われた後、その晩は、1本1万円もする化粧水や乳液などを使い、
スキンケアに力を入れました。他の人からしたら、1本1万円は安いかも
しれませんが、私にとってはちょっと高い買い物です。今までここぞ!という時に
使ってきた必需品なのです。
この必需品をその晩と、翌朝に使って、肌の調子をバッチリと整えました。
このおかげか化粧のノリもいつもより良く、きれいにすることが出来ました。
あんまりキツイのは良くないと思い、ほんのり香る香水をつけて、
バッチリ準備したおかげで、また食事に誘われちゃいました。
今度は、ちょっと攻めたメイクやファッションをしてみようかと思っています。

初めてのランチデート♪

午前の業務が終わって、オフィスにお昼を知らせるチャイムが流れました。
胸の高鳴りが周囲の後輩女子社員たちに聞こえてしまわないか、ちょっと心配しつつまずはエレベーターで一階玄関まで向かいました。
既に彼はそこで待ってくれていました。
「すぐそこに美味しいパスタを食べさせてくれる、お気に入りのお店があるんだけどそこで良いかな?」と聞いてきました。
私は、「いいよ。美味しいところに案内してくれるなら。」と答えました。
距離は300mくらいだと思いますが、日差しが肌を突き刺すように降り注いでいるため、お気に入りの日傘をサッと差しました。
色は藍色で、模様は花びらに止まった蝶をあしらった物です。
この日傘にも、フレグランスとして同じバラ系の香水をかけておきました。
「なんだか暑さを和らげてくれる香だね。」
と、彼から誉められ、私の小さな作戦に効果があったことを確認しました。

お店に入ってからは、彼のペースでメニューなどは頼み、たわいのない会話や業務に関しての話などをしつつ、美味しくランチを楽しみました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、午後の始業時間が近づいてきました。
「さあ、午後も頑張って仕事をするか!また、別のお店を紹介したいけど良いかな?」
と彼からアプローチされました。
うれしさと恥ずかしさで、日傘を差しながら、同色のハンカチで半分顔を隠して会社に戻りました。
午後は後輩女子社員にどうだったか、聞かれるんだろうと思いつつ、有意義な時間が過ごせたことに、満足感がわいてきました。

気になる彼氏とまずはランチから

ちょっと前に食事に誘ってくれた男性社員から、「忙しそうだね。まずはランチでも行かない?」と、誘われてしまいました!
即答で、「良いわよ、明日のランチでいい?」と聞いてしまいました。
彼はまさかOKしてもらえると思っていなかったようで、うれしい驚きをしながら「じゃあ、昼休憩になったらオフィスの玄関で待ってて。」と言って離れていきました。
すぐに後輩女子社員が集まってきて、「美奈先輩、ランチOKしたんですか?」とか「どこに誘ってくれるんですかね?」など、女子らしい会話で少しの間会話を楽しんでいました。
その日は、取引先からの受注処理などで残業となり、午前様になってしまいましたが翌日のことを考えて、半身浴をしつつ、お肌のケアをしました。

翌日は晴天であったこともあり、お化粧は日焼け止めをしっかりとするために、SPFに効果がある成分ががしっかりと配合されている物を顔や腕など、日に当たる部分を重点的にテカらないよう気をつけながら塗りつけました。
更にファンデーションやメイクなど、自分自身が明るく見える物をコーディネートして出勤しました。
フレグランスは落ち着きを感じさせるバラ系の物をチョイス!
これで、午前中の仕事をこなした後に、彼との初ランチを楽しみたいと思います。

職場の男性に意識してもらえる女性へ

つい最近、職場の同僚で気になっていた男性から、ディナーの招待を受けた私。
また、後輩から、化粧の変化で人気が出てきた私。
ちょっとした気持ちの変化から、自分から遠ざかっていた化粧に取り組むようになって、実はもう一つ変化が起きています。
それは仕事の成果です。
それまではお局になってしまい上司からも、扱いにくいと思われていたようだったのですが、男性からの視線と後輩女子社員からの羨望に後押しされ、再度仕事への情熱に火が着いて営業として率先してお得意先様周りをするようになったんです。
そうしたところ、初夏の日差しを気になるようになり、スキンケアをしっかりしつつ、しかも汗対策も万全にしている事でお得意先様からの好感度もマイナスから、プラスに転じていったようです。
汗対策もちょっと気を使い、フレグランスもすっきり感のある種類を選ぶようにしていますし、お化粧も汗対策&こまめに化粧直しをするなど心がけています。
気がついたら、私のデスクには折り返し打ち合わせをしたいという、お得意先様からの伝言が付箋でずらりと並ぶようになりました。
こんなに楽しく仕事が出来るのは、社会人になって何年ぶりでしょう?
これからは一気に暑くなると思いますので、更に研究をしてお肌を守りながら仕事を楽しみたいと思います。

友人の結婚を機に、芽生えた女性らしさ

この前、久しぶりに休みがあったので、前から誘いのあった女友達との
食事会に行ってきました。久しぶりというのも、大手デパートに勤めていると
常に忙しく、繁忙期になると女の私でも数日帰れない日があるのです。
社内には、シャワールームがあるので、そんなに困ることはないのですが。

誘いのあった食事会に行くと数年ぶりに会う、大学時代の懐かしい友達が
いました。
前回会った時は、半分が既婚者で他の子は、私と同じくキャリアウーマンとして
忙しい日々を過ごしていたので、恋愛とはあまり縁がない状況でした。
今回も、その独身仲間と楽しく話をしようと思ったら、
なんと私以外全員が既婚者になっていたのです。私より綺麗な子が多かった
ので仕方のないことかと思ったけれど、申し訳ないけど私よりあまり綺麗では
ない子まで結婚していたので驚きました。しかも、その子は年収2000万円
以上の社長と玉の輿結婚をしていたのです。
私は、仕事の愚痴や独身の楽しさなどを話す気満々でその場に行ったので、
一気にテンションが下がりました。
その日はイライラしたので、酒を浴びるように飲み、何を話したかはほとんど覚えていません。

次の日は仕事だったので、若干二日酔いの状態で出勤しました。
普段バリバリと仕事をして、仕事が出来ない後輩たちに厳しく接している
私が、この日は、静かでため息ばっかりついていたので、周りから
じろじろ見られている気がしました。昨日のショックな出来事ことが頭の中に
ずっとあり、この日は私にめずらしくミスが目立ち、仕事に集中できない日でした。
今まで結婚を考えたこともあったんですが、ミスマッチで失敗したことから避けてきていました。

今まさに「私も結婚したい!!」と思うようになりました。
そう思うとこのままではダメだと気付きました。
私は今までベースメイク以外したことがなく、格好も女性らしくなかったのです。
家に帰って自分の顔をよく見ると、歳のせいか、シミやクマ、シワなどがあり、
すっぴんの状態だと50歳位に見えてしまいます。
これでは絶対結婚できないと私の年齢にあったファッション雑誌を購入し、美白方法やメイク方法を学び、
見よう見まねで化粧をし、次の日会社に出勤しました。
すると、今まで私を女として見てこなかった男性社員が、急に私のことをジロジロ
と見るようになったのです。
今までは怒った社員が私を睨んでいることは、よくありましたが、その見方と違う様でした。
女性社員も、
「美奈さん、何か良いことあったんですか?今日、すごく綺麗です。
今度、メイク方法教えてくれますか?」
と聞いてきたのには、驚きました。
今まで会社で会話するのは仕事のことばかりだったので、仕事以外の会話を
したのは始めてでした。
何だかこちらもうれしくなり、この日からずっと頑張って化粧を続けました。
すると、どんどんいろんな子が話しかけてくれるようになり、初めて仕事が楽しいと
思えるようになりました。
なんと、昨日、前からちょっと良いなと思っていた男性社員から、ディナーに
誘われてしまいました。
ちょうど仕事が空いている明日、食事に行くことになりました。
まさか、声を掛けられるとは思っていなかったので、メイクを頑張って良かったなと
思いました。
これからも、メイクだけではなく、ファッション・女性らしさ・しぐさなどを
勉強して、いつか結婚できるように、仕事をしながら頑張りたいと思います。

美奈の忙しい日々 怠っていたスキンケア

アラフォーに近づいてきたこの頃、毎日仕事に追われてしまっています。
社会人になってから、ずっと今の会社で働いていますが、幸か不幸か、異動もなく、ずっと同じ部署のまま。
私が入社した頃の先輩方は、定年を迎えられたり、異動されたりで、私が女性の中では一番の古株に近い状態です。(ちょっとショック!)
私は、30代前半に、結婚直前までお付き合いしていた人がいましたが、職場の後輩女性と浮気していたことがわかり、別れた過去があります。
それからは、仕事一筋で頑張ってきました。
私は会社のために、一生懸命仕事を頑張っているのに、20代の若い子は、ゆとり教育で育ったせいか、真剣さが感じられないんです。
遅刻を平気でしたり、少し厳しく注意するとすぐ泣いたり、こっちがイライラすることばかりして本当に嫌になります。
毎年、新入社員が入社しますが、年々、問題児が増えて、イライラする一方。
私は、間違ったことを言っているつもりはないのに、思うとおりに仕事をしてくれないと、もう何もかも嫌になっちゃいます。
年のせいもあるかもしれませんが、最近肌の調子があまり良くないのが、今の悩みです。
たぶん、仕事でのストレスが原因の大半を占めていると思いますが、
私はストレスが溜まると、ニキビが出来てしまう体質なので、日に日に顔に増えてくるニキビや
吹き出物に対し、ケアをしなくちゃダメなのはわかっています。

でも、いつも仕事から家に帰ると疲れてしまい、メイク落としと洗顔が一緒になった洗顔料で
一回洗うだけ。
本当は、ニキビに効く洗顔料や化粧水などをすれば、少しはニキビが治ると
わかっているけれど、疲れちゃってどうしてもできないことが多かったんです。
あまりにも疲れている時など、ひどい時は、化粧も落とさないで寝てしまうこともあります。
以前、テレビで化粧を落とさないと、角栓に汚れが詰まったままになってしまうので、肌にとって良くないことと言って
いましたが、そんなことを気にしている余裕がありません。
日によっては、若い後輩が日中終わらなかった業務を、一緒になって残業する日もあり、
次の日には目の下にクマが出来てしまっていることもあるのです。
そんな日は、女性社員が私のクマを見て、ひそひそ話していることがよくあります。
昔はそんなことは気になりませんでしたが、最近、気にするようになりました。
自分も一応女性なので、キレイでいたいと思うようになったからだと思います。
そんな時、隣の席の上司の男性社員が、
「君、少し疲れているんじゃないのかな?疲れている様に見えるよ。無理しちゃダメだよ。」
と言ってきたのです。
そう言われて、私は仕事を頑張っているのに、女性として見られていないんだと思い、この日からきちんとスキンケア
をするようになりました。
もうだいぶ肌のダメージがひどかったですが、出来る限りやっていこうと思います。
仕事の忙しさに変わりはないので、そんなに急激に良くなることはないと思いますが、
出来るだけ努力していきたいと思います。そしたら、今日良いことがありました。
以前、私の上で働かれていた先輩の女性社員がこっちの会社に異動で戻ってくるのです。
その方はすごく出来る方なので、私の仕事の大変さが少し軽減できると思うと嬉しいです。
あと、この方とまた一緒にお仕事が出来るのが楽しみなので、明日から仕事に行くのが楽しくなりそうです。